コロナ自粛後、初の個展です

暑中お見舞い申し上げます。
マスク装着も辛い今夏。例年以上に、身体も心も労りつつお過ごし下さいませ。

さて、個展情報ページが、約半年ぶりに更新されました。
思いもよらなかったコロナ禍で、私の個展も延期や中止が続いておりましたが、ようやくの開催です。

自分が画家になって30年近く、このような特異かつ不自由な社会状況になったことなど無論なかったのですが…
画家として、ずっと一番大事にしてきたことは"絵を観て下さる方々に安らぎを感じて頂く"こと。そして、不安感や不条理感にさいなまれる時にこそ、安らぎや希望を感じて頂ける時間をお届けする絵を描き活動してゆくことが、自分に与えられた仕事なのだと、改めて自分に問いかけております。

ただ…現在、飲食店をはじめ多くの業種の方々が、密を避け人を集めない努力をされています。
例年行っておりましたサイン会の開催につきましては、短時間にピンポイントで人を集めることにつながりかねませんので、見合わせざるを得なかったこと何卒ご了承下さい。毎年楽しみに待っていて下さる方々には、申し訳ございません。
私が会場におらずとも、"想い"をたくさんつめ込みながら1枚1枚長い時間をかけて描いた"絵そのもの"(肉筆画)が、多く会場に行くこと…勿論、それに勝ることはないと思いますので。

今回の大阪での個展では、特に海外への旅行がしずらい今、せめて絵で様々な(街あり海あり林あり…)景色に触れて、心をのびのびと解放する時間を楽しんで頂くことを目指しました。

今、色々な分野のアーティストやエンターテインメントの世界の方々が、大変な苦境の中にいます。それでも…工夫と努力でそれぞれに前を向いて進もうという姿勢に、絵描きである自分も大いに勇気をもらっています。
こんな時勢であっても、芸術や美術の火が決して衰えること無きよう、微力ですが頑張ってゆきたいと思っています。

笹倉鉄平

 

「夜空の花束」 油彩 2012年制作
花火大会の無い夏に。様々な思いを込めて見上げる百花…何を願いましょう。誰を想いましょう。

 

2020年08月07日