白い猫のいる窓辺

白い猫のいる窓辺
A White Cat with Smile

2020年8月リリース
絵柄サイズ:40.9×24.3cm キャンバス・ジクレー 限定195枚

家に居る時間が長い毎日の中で、
「今、どんな景色を見たいだろうか…?」と自らに問いかけてみた。
そして、思い浮かんできたのは・・・

「赤毛のアン」の故郷アヴォンリー村のモデルとなった、
プリンス・エドワード島に在る、キャベンディッシュ村に滞在していた時のこと。
朝、レースのカーテン越しに入ってきた優しい光で目覚め、
窓を開ければ、心がふわりとなるような解放感と共に、
なんとも爽やかな風が吹き込んでくる。
あまりの気持ち良さに、しばらく外を眺めていた。

ふと気づくと、宿のアプローチの道を白い猫が一匹、のんびり歩く姿。
出会うだけでも縁起が良い、そんな言い伝えのある、白猫。
この窓辺まで来てくれないだろうか・・・と念じてみたが、
近くの家の方へと姿を消してしまった。
そこで、漠然と思ったその願望を、描いてみることにした。
同じ日に出会った村の水辺の様子を、背景に選んで。

希望を、癒しを、優しい気持ちを、運んでくるものを、
心のどこかで待っている。

―――届けばいいな。


笹倉鉄平

 


「額付き画像」「価格」の確認、また「購入希望」のお客様は
株式会社アートテラス/笹倉鉄平オフィス」のHPへ