画業30周年記念「笹倉鉄平展」@上野の森美術館 のご案内


心に温もりや癒し、希望の光を届ける作品を描き続け、
幅広い世代に人気を博して参りました画家、笹倉鉄平――
その画業30周年を記念した展覧会が開催されます。
初公開作品を含む肉筆原画120点以上を展観する、画家にとって今までで最も大規模な個展です。
広々と天井高ある空間でのソーシャル・ディスタンスを意識した展示で、ゆったりとご鑑賞頂けます。

*  *  *  *  *  *  *

開催に際して・・・

長年「心やすらぐ絵」をめざし描いております。その集大成の個展として、長い時間をかけて制作と準備をして参りました。

窮屈な日常を余儀なくされている今だからこそ、ご鑑賞中のひと時だけでも、穏やかな気持ちになって頂けることを目標にーー
それが、まさか緊急事態宣言下での開催になるとは……大変、複雑な思いです。
ただ、救いだと思えるのは美術館の空間がとても広いこと。他、対策も諸々検討しました。

1階は、ヨーロッパを描いた風景画を中心に展示し、巡る季節を楽しんで。
また2階は、日本を描いた作品で、優しさや郷愁を想い浮かべて。
そして絵の中の世界を旅するかのように、小さな幸せを探しながら……

文末で恐縮ですが、30年の長きに渡り支えて下さった方々へ、心より感謝を申し上げます。

画家 笹倉鉄平

*  *  *  *  *  *  *

 

【会期】2021年1月23日(土)~2月1日(月)
 開館時間10時~17時 <最終日は14時閉館>
 ※会期中は無休(入場は閉館の30分前まで)

【会場】上野の森美術館
 東京都台東区上野公園1-2
 <アクセス> JR「上野駅」公園口より徒歩3分/東京メトロ・京成「上野駅」より徒歩5分


【入館料】
一般800円/大学生500円/高校生以下200円(税込み)
※未就学児の入館は無料。中・高・大学生は学生証をご持参願います。
※障がい者手帳をご持参の方(+付き添いの方1名まで)は無料。

※恐れ入りますが、マスクの着用でのお出かけ、ご来館をお願いします。
※検温、手指の消毒等、新型コロナ感染症対策への取り組みを充分に行っての開催となります。
 また、詳しい対策につきましては、美術館ホームページ(https://www.ueno-mori.org)をご確認お願い申し上げます。

「プリンス・エドワード島の入江」 2018年制作・油彩(左右幅 約130cm)

 

「アパルトマンの窓辺」 2008年・油彩(左右幅 約73cm)

 

「カダケス2010」 2009年・油彩(左右幅 約91cm)

 

「シャペルリー」 2019年・油彩(左右幅 約53cm)

 

「フィレンツェ夕景」 2015年・油彩(左右幅 約65cm)

 

「他にも道はある」 2012年・油彩(左右幅 約32cm)

 

「両手ひろげて」 2017年・油彩(左右幅 約181cm)

 

「心静まる」 2019年・油彩(左右幅 約145cm)

 

「今日が始まる」 2012・油彩(左右幅 約45cm)

 

「スター・アトラス/北星図」 1999年・油彩(左右幅 約100cm)

 

「サン・ルーに降る雪」 2002年・油彩(左右幅 約130cm)

 

「スパークリング」 2018年・油彩(左右幅 約73cm)

 

「日の出・富士・印象」 2020年・油彩(左右幅 約162cm)

 

「続いてゆく・・・」 2015年・油彩(左右幅 約61cm)

 

「銀座四丁目交差点 1880年頃」 2020年・油彩(左右幅 約80cm)

 

「フレームド・オータム・カラー」 2007年・油彩(左右幅 約80cm)