プリンス・エドワード島の入江

プリンス・エドワード島の入江
Shining Water

2018年9月リリース
絵柄サイズ:50.4×104.0cm キャンバス・ジクレー 限定195枚

林檎の花咲く新緑の季節を選んで、
カナダ東海岸に在る、プリンス・エドワード島を訪ねた。

北側海岸の深い入江に、
かつてフランス移民の漁師たちが住み着いたという小さな漁港が在る。
まるで河のように静かな水面に、
ロブスター漁の為のカラフルな小屋を映し・・・
解放感あふれるのどかな風景を前に、思わず感嘆のため息が漏れた。

爽やかな風を頬に受けながら、少年期に読んで魅了された、
この島が舞台の物語「赤毛のアン」のワンシーンを思い出していた。
主人公アンが、その豊かで前向きな想像力で、
たまたま通りかかった湖水を“輝く湖水(Shining Water)”と名付け、
どれほど魅力的なのかを、楽しげに語る場面だ。
当時、文字で読み、輝いている湖水を自分なりに想像して頭に描いていたが、
その光きらめくイメージを、今、目の前に在る水面に重ねて、
絵の中で表現してみようと思い立った。

そして何より――
目の前に広がる風景は、あまりにも気持ちが良くて、
ずっとここにいても飽きることが無い。
「赤毛のアン」への思い入れを抜きにしても、
いつまでも眺めていたい、そんな風景だった。

笹倉 鉄平

 

※画家による関連メッセージ ⇨ <コチラ


「額付き画像」「価格」の確認、また「購入希望」のお客様は
「株式会社アートテラス/笹倉鉄平オフィス」のHPへ