カナダから

今、パリにいます。


・・・いえいえ、そんな訳はなく、前回書いたようにカナダに来ております。
上の画像は、パリのメトロの入口と同じものが、モントリオールのビルの谷間にあったので、思わず撮ったものです。

アメリカ東海岸から北上し、国境を越えてカナダに入ると、言葉も英語からフランス語に変わり、不思議とこれも似合っているように思えました。

さて今年、カナダは建国150周年のアニヴァーサリー・イヤー。
そして、モントリオールは市政375周年を迎えたとのことで、記念行事等も行なわれていていました。

モントリオール中央駅の案内所にも、そこはかとなく祝賀ムードがありました。

 

さて先日、東京は真夏日と聞きましたが、こちらは未だ春先の様相で・・・野原は一面のタンポポ、公園にはチューリップ、当然のように昼間でも薄手のダウン・ジャケットを着ておりました。

しかし、しかしです。
異常気象とのことで、突然、30度を超える日があったのです。ところが翌日には気温は急降下。最高気温が10度を下回り、そのまた翌日には真夏日・・・と、身体がついていけない感じでした。

ある時は、正午頃の気温が27度と暑かったのですが、、昼食後に店を出ると寒く感じるので、調べてみると、なんと17度⁈ たった一時間程で一気に10度近い降下とは‼︎ (そして夕方には、気温はなんと10度以下に・・・)

それでも、体調を崩さずに頑張れています。
春先の天候というものは、変動が激しいものですが・・・地球は大丈夫だろうかと、ちょっと心配になったりもしました。

笹倉鉄平

2017年05月23日